All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.21 (Tue)

還暦。


なんだか最近物を作るのが楽しい日々。
お菓子作りにも手を出そうとしております(笑)

なんだかよくわからないけど、何が変わったというわけでもないのだけれど
充実しています。

昨日は旦那のお父さんのお誕生日。還暦でした。
絶対に似合わないであろう、赤いちゃんちゃんこを敢えてプレゼント(笑)

でもこのちゃんちゃんこは実は前振りで、本当のプレゼントは家族からの手紙でした。
義母、義兄、旦那(ビデオレター)から、父への手紙。
私はまだ義父と出会ってから数年、手紙を書いても逆に軽い感じになってしまいそうで
今回は手紙は書かなかったのだけれど、トンタやハナを撮ったビデオの編集や
旦那の父へのビデオレターのお手伝い、ちゃんちゃんこの手配など、裏方へ徹しました。

そして今日。
送った手紙とビデオを見た義父からのメール。
今回、旦那が企画したこの手紙作戦。
テーマは、絶対に涙を見せない義父に涙させようというもの。
作戦は成功かな?
いつもよりも、ちょっと興奮気味のメール。
単身赴任なので、一人で迎えたお誕生日だと思うのだけれど
かなり嬉しかった様子。

旦那も成功した~と大喜び。
よかったよかった。

ここからは私のつぶやきです。
ちょっと文章にしたかっただけなので、無理に読まなくてもいいです(笑)
いやいや、読んでやってもいいよという方はどうぞ。

【More】

始めはビデオレターってサムい結果になるんじゃないの??なんて思っていた私。
でも義父にうわべだけでなく、心から感謝の気持ちを伝えたいと
真剣にビデオレターを作っている旦那を見て、この人と結婚してよかったなぁと思いました。

自分が親になって初めてわかる、親の気持ち。
そのキモチが反抗期でうっとおしいなぁと思ったこともあるけれど
今は何故うるさく言われていたのかがわかるし、それが感謝の気持ちにつながるんですよね。

そしてその感謝の気持ちを、素直に伝えられる旦那が羨ましい。
私も見習わないといけませんね。
来年はうちの親も還暦。
人生の節目、記念になるように私も何か企画しようかな。

こんな感じで、なんだか色々人生について考えさせられる今日この頃です。
実際旦那ともこの企画を考えている時に、色々話しました。
親の人生、私達の人生、そして特に子供達の人生について。

親は私達に「勉強しろ勉強しろ!」と口をすっぱくして言っていたけれど
何故そこまで勉強をしろと言われているのか、よくわからなかったよねと。
だから自分達の子供には、目標を早く定めさせてやりたいと。

やっぱり目標がないと勉強もする気にならないし、的も絞れない。
親としては、トンタは男の子なので手堅い職業に、
ハナも出来れば手に職を・・・なんて思ってしまうけど
子供には子供の人生があるのだし、そこは尊重してやらないといけないなぁと思います。
ただ、何の職業に就くにしろ、目標だけは見つけておいてほしいなと。

親が私達に教えてくれたこと+それを受けて私達がこうすればよかったと思うことを
トンタとハナに教えていってやりたいな~なんて。

まぁ私達の親もおそらくそういう風に思って子供を育て、今の私達があるわけで(笑)
そんなに思っているほどうまくはいかないんだろうけど←どういう意味だ?(笑)

こんな風に子供の人生について話し合った私達ですが
旦那がついでに、これからの自分の人生についての考えを教えてくれました。

今の時点の話だけど。
状況によって、これからまた変わるかもしれないけれど。

今は家族が一番。
   趣味が2番。
   仕事が3番。

仕事は生きる為の手段。
無駄な残業はしない。もちろんサボりはしないけれど。
ダラダラ仕事をするんじゃなく、要領よく終わらせてスパっと帰る。
一度きりの人生、仕事のために生きるのはもったいない

だそうです。

文章にしたので、証拠ができたぞ(笑)
「男に二言はなし」

これからの人生色々あるだろうけれど、私も家族を大事にして
還暦を迎えた時、義父のように子供から感謝の気持ちを伝えてもらえるような親になりたいな。
スポンサーサイト
01:43  |  日常  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。